運動会といえば、流れてくる音楽がすごく気になって、今でも覚えてる曲もあるほどです。
徒競走や玉入れ、ダンスなど、どの競技でも音楽が流れますが、その競技に合わせて様々な曲をかけるのが一般的です。

爆風スランプの「Runner」や嵐の「Happiness」は今でも運動会の定番曲となっていると知り、驚きました。
ZARDの「負けないで」も、まだまだ運動会でよく使われているということで、名曲というのはいつの時代になっても人気があるんだなと感心しました。

ダンスではAKB48の「ヘビーローテンション」が人気で、「恋するフォーチュンクッキー」なども運動会の定番曲になりつつあります。
かけっこの定番としては、「クシコ・ポスト」や「クラリネット・ポルカ」などがありますが、どちらもタイトルは馴染みがなかったので、こんな名前だったんだ!とちょっと驚きました。
幼稚園や保育園のダンスでよく使われるのが「ミッキーマウスマーチ」で、曲に合わせて一生懸命踊る姿を想像すると、とっても可愛いだろうなと思いました。
参考:運動会 音楽

高校生の体育祭となるとソーラン節が人気で、よく踊られています。
私自身、中学と高校の両方でソーラン節を踊ったので、とても懐かしいなと思いました。
曲ひとつで競技を頑張れるかどうかが決まるほど、私にとっては大事な要素だったのを思い出しました。

これからは子供の運動会を見る側として、曲にも注目してみようと思います。

関連記事

    None Found